2226中期経営計画

4. 経営指標

2026年度売上高112億円、売上高営業利益率10%を目指し、
将来に向けた投資を推進すると共に労働生産性の向上を目指します

2226中期経営計画では、2026年度売上高112億円、営業利益率10%、ROIC5%以上の達成に向けて、研究開発費や設備投資を増強するとともに、労働生産性の向上を図ってまいります。

■ 売上目標

既存主力製品及び新規戦略商品等に注力し、2026年売上目標112億円達成を目指します

2021実績 2026目標
売上高 94億円 112億円

■ 売上高営業利益率/ROIC/ROA

売上高営業利益率とROIC向上を達成、収益性をアップします

2021実績 2026目標
売上高営業利益率 5.4% 10%以上
ROIC(投下資本利益率) 2.8% 5%以上
ROA(総資本利益率) 2.3% 5%以上

■ 成長投資

既存主力製品及び新規戦略商品等の製品開発と量産化を進め、成長を促進します

研究開発費3億円/年、設備投資は5年間で20億円の投資を行い、新分野に向けた新製品開発と量産化に注力していきます。

研究開発費 3億円/年
設備投資 20億円/5年間

■ 労働生産性指標

省力化・自動化の推進により生産性を高めていきます

付加価値高/1人当り
BM比指数
130

■ 環境

CO2や廃棄物等を2021年度比30%削減します

事業活動を通じて排出するCO2やビニール・プラスチック等を削減すると共に、再生可能エネルギーの活用比率を向上します。