2226中期経営計画

1. 中期経営計画の位置づけ(ロードマップ)

エネルギー転換点となる2030年を見据え、
その中間点をゴールと定めた「2226中期経営計画」を策定しています

2050年における「温室効果ガス排出ゼロ」「カーボンニュートラル」に向けて、世界中でエネルギー転換が加速すると予想されています。2030年迄の数年間は、その実現可否が問われる大きな分岐点となります。ハマイの「ビジョン2030」はエネルギー転換点となる2030年を見据え、バルブ機器メーカーとしての役割と成長の道筋を描いたものです。また、その中間点をゴールと定めた「2226中期経営計画」は、EVの普及加速やゼロエミッション燃料の利用拡大など、基本となる戦略を設定した5ヶ年計画になっています。